トランプ、機密解除されたFBIの資料!テスラ1901年にフリーエネルギーを発明!電力は散布することが可能!地球を媒介とする無線送電システム!電気周波数は癌細胞とバクテリアを殺す!1932年に無料薬を発明!電気や電磁波を用いる技術(テクノロジー)の発明家である!

トランプ、機密解除されたFBIの資料!テスラ1901年にフリーエネルギーを発明!電力は散布することが可能!地球を媒介とする無線送電システム!電気周波数は癌細胞とバクテリアを殺す!1932年に無料薬を発明!電気や電磁波を用いる技術(テクノロジー)の発明家である!












ニコラ・テスラ


ニコラ・テスラ
オーストリア出身のアメリカ合衆国の発明家、電気技師

ニコラ・テスラ(セルビア語: Никола Тесла, セルビア語ラテン翻字: Nikola Tesla, 1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、
発明家である。
概要: ニコラ・テスラNikola TeslaНикола Тесла, 生誕 ...
ラボラトリーでの実験風景。

グラーツ工科大学で学んだあと1881年にブダペストの電信(電話)会社に入社し技師として勤務。1884年にアメリカに渡りエディソンのもとで働くが1年後独立。1887年にTesla Electric Light and Manufacturingを設立。新型の交流電動機を開発・製作、1891年にはテスラ変圧器(テスラコイル。変圧器の一種だが、きわめて高い電圧を発生させるもので空中放電の(派手な)デモンストレーションの印象で今にいたるまで広く知られているもの)を発明。また回転界磁型の電動機から発電機を作り上げ、1895年にはそれらの発明をナイアガラの滝発電所からの送電に応用し高電圧を発生させ効率の高い電力輸送を実現させた。(通常の発明家と言うよりは)「天才肌の発明家」である。

交流電気方式、無線操縦、蛍光灯などといった現在も使われている技術も多く、また「世界システム」なる全地球的送電システムなどの壮大な構想も提唱した。電気や電磁波を用いる技術(テクノロジー)の歴史を語る上で重要な人物であり、磁束密度の単位「テスラ」にもその名を残しており、LIFE誌が1999年に選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれている。テスラが遺した技術開発にまつわる資料類はユネスコの記憶遺産にも登録されている。
8つの言語に堪能で、詩作、音楽、哲学にも精通。電流戦争ではテスラ側の陣営とエジソン側の陣営はライバル関係となり、結局、テスラ側が勝利した。


日曜日の歴史探検:ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか - ITmedia エンタープライズ


ニコラ・テスラの「世界システム」はよみがえるか
日曜日の歴史探検:

地球を媒介とする送電システムの構築――異能のサイエンティストはときにこうした奇抜なアイデアを思いつき、そして実証しようとします。今回は、「世界システム」の構築に人生をささげたニコラ・テスラを取り上げます。
[前島梓,ITmedia]PC用表示 関連情報

 時代をあまりにも先取りしすぎたため、周りの理解を得られず、異端のレッテルをはられた異能のサイエンティスト――発明王エジソンの最大のライバルであったニコラ・テスラもそんな1人に数えられます。
 科学の世界に少し詳しい方であれば、テスラが交流システムと高周波の応用技術で卓越した業績を上げたことをご存じかもしれません。あるいは、磁界における磁束密度を表す単位として彼の名前が使われているのをご存じの方もおられるでしょう。
 しかし、テスラがわれわれを魅了するのは、彼のエキセントリックで輝かしい才能が数多くの“謎の発明”を世に残したからではないでしょうか。今回から数回にわたって、こうした異能のサイエンティストを紹介していきたいと思います。

■交流送電システムでエジソンを超えるテスラ
 そんなニコラ・テスラが誕生したのは、1856年のこと。現在のクロアチア西部にあるスミリャンという村に生まれたテスラは、幼少のころから異彩を放っていたようです。青年期の記録は諸説ありますが、オーストリアのグラーツにある工科大学に入学、彼はここで、「グラム発電機」という発電機とモーターの両様の機能を持つ直流機械装置を目にし、同時期に「回転磁界」の原理をひらめきます。モーターを駆動する回転磁界を生み出すために、交流を用いることを思いついたテスラは、交流モーター(二相誘導モーター)を完成させます。このモーターを三相以上に発展させ、発電機などの関連技術と合わせて体系化したのがテスラの多相交流システムです。

ラボでの実験風景。有名な写真ですね(画像出典:Wikipedia)

 その後テスラは、交流の実用化を進めようと渡米し、当時すでに著名な存在となっていたエジソンの下で働くようになります。しかし、エジソンは筋金入りの直流信奉者。交流電流による電力事業を提案するテスラの声はエジソンに届かず、テスラは1年ほどでエジソンの下から去ってしまいます。
 その後、独自に交流電流による電力事業を推進しようとしていたテスラですが、1888年に入ると、米国電気工学者協会(AIEE)の招きに応じて自身の発明に関する発表を行う機会を得ます。このとき、テスラの発表に強い興味を示したのが、米国の電力供給システムについて当時エジソンとしのぎを削っていたジョージ・ウェスティンハウスでした。

 テスラはこの前年に多相交流システムの基本特許を出願していますが、ウェスティングハウスはこれらの特許の権利をテスラから買い取り、その技術を取り入れた交流送電システムでエジソンの直流送電システムと対決していくことになります(電流戦争と呼ばれることもあります)。この電流戦争は、ナイアガラの滝に建設された水力発電所で交流発電機が採用されたことで、ついに決着します。

■世界システムの構築へ
 交流システムにおけるテスラの役割は極めて重要なものでしたが、彼はその後、研究テーマを高周波の分野に移行させていきます。これは、送電線ではなく、電波によって世界中に情報とエネルギーを供給できないかと考えたためでしょう。すぐさま高周波/高電圧を発生させる共振変圧器「テスラコイル」を開発し、無線電信の研究に没頭していきます。

 情報の伝達システムとして高周波を利用するアイデアは一定の成功を収めましたが、無線による電力の送電システムについては苦しむことになりました。無線による電力の送電システムと情報の伝達システムを「世界システム」と名づけたテスラは、1899年からその研究に着手しました。まず、コロラドスプリングスに建設した研究所で、高周波振動の電気的共鳴を利用して、巨大な電圧を発生させる「拡大送信機」を用い、地球が電気を帯びている、つまり「帯電体」であるということを証明します。

 これにより、地球を媒介とする送電システムの構築が可能であるとテスラは確信したのでしょう。さらに、この地で頻発する雷放電を観測して、周波数の等しい波が干渉し合い波動がまったく動いていないようにみえる「地球定常波」を発見します。今日ではELF(極超長波)による「シューマン共鳴」として知られている現象ですが、これに電気エネルギーを乗せれば、エネルギーを減衰させることなく地球全体に送ることができるのではないかとテスラは考えたのです。

巨大な無線送電塔「ワーデンクリフタワー」。1917年に撤去されています(画像出典:Wikipedia)

 その後、1900年に発表した「人類エネルギー増大の問題」という論文がモルガン財閥の創始者ジョン・ピアポント・モルガンの目に止まり、テスラはモルガンから資金援助を受け、世界システムの実験施設建設に着手します。ロングアイランドのワーデンクリフには情報通信と無線送電を行う巨大な無線送電塔がそびえ立つはずでしたが、建設途中に設計変更が生じたことや、グリエルモ・マルコーニが太平洋横断無線通信に成功し、無線通信の実用化を成し遂げてしまったことなどが影響し、研究のための資金がショートしてしまいます。実証的な研究まであと一息というところで、テスラの夢はついえてしまったのです。

 その後もテスラは、研究への意欲は失っていなかったようですが、彼の考えを実証する費用や機会には恵まれず、1943年に86歳でこの世を去りました。奇抜とも思える研究内容が世間にはマッドサイエンティストとして受け取られることも多い彼ですが、ニコラ・テスラは常人にはうかがい知れない世界を先行して歩いていた希代の科学者だったのかもしれません。最近ではMIT(マサチューセッツ工科大学)が、電磁共振による無線送電に成功したことが報道されていますが、無線送電の技術が進化していく中で、テスラが夢想した「世界システム」が再び脚光を浴びる日が来るのかもしれません。
「ワイヤレス充電」実現へ前進――MITが実験に成功 - ITmedia NEWS






トランプいよいよ1月6日!イルミナティの【児童強姦&殺人に関する恐喝計画】を暴露したリン・ウッド弁護士!〜下院議場で機密解除による情報公開が行われるか!?中国共産党、CIA、モサド、FBI、MI6を含んでいる! - みんなが知るべき情報gooブログ








【UFO&宇宙人】関連文書公開!トランプ大統領が署名したデグラス(機密情報開示)始まった!2700ページ以上に及ぶUFO関連文書をCIAが公開!ディープステート殲滅作戦で宇宙人、宇宙船が支援していた! - みんなが知るべき情報gooブログ



トランプは第1代アメリカ共和国大統領に1月20日に就任する!世界の大統領になる!世界憲法発布!世界平和統一政府【日本も】平和、平等!地球の資源、財産は国民に分配される!反重力、テスラ自由エネルギー技術、抑制された医学的治療法、高度な治癒法(医療ベッド、周波数療法、年齢回帰)など、人類に有益な何千もの分類された特許と発明をリリース!人身売買の惨劇を根絶!人工地震・災害はなくなる!宇宙人と存在、交流が明かされる!1月20日以降、トランプから順次、緊急放送・メッセージがある!世界中の銀行の財務執行責任者でもあります!トランプ革命政権で世界は変わります! - みんなが知るべき情報gooブログ







若返りを可能にする【メッド・ベッド】医療用ベッド!トランプ大統領が全世界に開放!癌、病気、疾患の終わり!失った手足や眼球も再生できる!DNAの治癒と修復が可能!ワクチンも必要なし!遺伝子治療で3分で改善される!世界205か国で協定、岐阜県でも使い方講習始まっている!トランプ大統領は必ず再選されます!- みんなが知るべき情報gooブログ






バイデン終わりと、夕刊フジ!バイデン【三日天下】の可能性、消せない不正選挙疑惑と!日本メディアも【トランプ第一代アメリカ連邦共和国大統領誕生】を隠せなくなったようだ!メディアの大量逮捕のSNS情報に恐れてか!
- みんなが知るべき情報gooブログ


食事療法 - 人気ブログランキング/クリックお願い致します

政治・社会問題 人気ブログランキングとブログ検索 - 政治ブログ/クリックお願い致します

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

メインブログ

→画面に貼り付けるか、ブラウザにブックマークを!!
みんなが知るべき情報 - Google 検索/画像、画像から記事に飛べます


整体整筋【くりはら施術院】即効姿勢改善!首・肩・背中・腰
膝・手足【スピード改善】疲労回復、若返り、スポーツ運動能力向上、ここち良い全身施術ホームページhttps://seitaikurharaホームページ.jimdofree.com/