バイデン終わりと、夕刊フジ!バイデン【三日天下】の可能性、消せない不正選挙疑惑と!日本メディアも【トランプ第一代アメリカ連邦共和国大統領誕生】を隠せなくなったようだ!メディアの大量逮捕のSNS情報に恐れてか!

バイデン終わりと、夕刊フジ!バイデン【三日天下】の可能性、消せない不正選挙疑惑と!日本メディアも【トランプ第一代アメリカ連邦共和国大統領誕生】を隠せなくなったようだ!メディアの大量逮捕のSNS情報に恐れてか!





バイデン氏「三日天下」の可能性 消せない不正選挙疑惑、トランプ氏大逆転は最高裁判決が鍵 大原浩氏緊急寄稿 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト(記事は下記に)




バイデン氏「三日天下」の可能性 消せない不正選挙疑惑、トランプ氏大逆転は最高裁判決が鍵 大原浩氏緊急寄稿 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト


バイデン氏「三日天下」の可能性 消せない不正選挙疑惑、トランプ氏大逆転は最高裁判決が鍵 大原浩氏緊急寄稿 (1/2ページ)激突!米大統領選
2020.11.22
 米主要メディアは大半がバイデン氏の味方だ(AP)

米大統領選は民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が勝利宣言して2週間が経過した。共和党のドナルド・トランプ大統領(74)の法廷闘争についても「無駄な抵抗」のごとく報じられることが多いが、国際投資アナリストの大原浩氏の視点は違う。大原氏は緊急寄稿で、バイデン氏が「三日天下」に終わる可能性すらあると指摘する。

 現在、日米の「偏向」メディアは、バイデン氏がまるで大統領に就任したかのような記事を垂れ流している。もちろんこれは大きな誤りである。
 トランプ氏が負けを認めないのは往生際が悪いなどという批判も出回っているが、米大統領選の法廷闘争では2000年に民主党候補だったアル・ゴア氏の先例がある。連邦最高裁が12月12日にジョージ・ブッシュ氏勝訴の判決を下すまで「ゴネ」たのだ。まさに「大ブーメラン」である。

 少なくとも12月14日の選挙人投票日までは、「誰が大統領になるかまだ分からない」のだ。現在、選挙に対して膨大な訴訟が「宣誓供述」や「証拠」を根拠に行われており、再集計の結果によっては、バイデン氏の「勝利」が三日天下に終わる可能性もまだある。民主党支配地域の裁判所では、民主党有利の判決が下される可能性が高いから、再集計が適正に行われトランプ氏勝利に結びつくかどうかは不明だが…。

 したがって、最高裁で「不正選挙そのものが無効」という判決が出るかどうかが鍵である。
 不正選挙疑惑で一番大きなものは、選挙投開票サービスを展開しているドミニオン社に関するものだろう。もし、同社のシステムによって、トランプ氏の票が突如削除されたり、バイデン氏側に動かされたりしていることが証明されれば、全体の集計結果に対する信頼性が根底から覆るから、最高裁で「選挙無効判決」が出る可能性がそれなりにある。
 連邦最高裁がエイミー・バレット氏の判事就任によって、さらに共和党有利の陣容になったと考えられることも見逃せない。

 どのような理由にせよ12月14日に選挙人投票を行うことができなかったり、どちらも270人の選挙人を獲得できなかったら、下院で大統領選出が行われるのだが、この投票は一般的な下院での議決とは異なり、50州それぞれから1人ずつが選ばれて投票する。下院全体の議席数では民主党が優勢だが、「優勢な州の数」は、今回の選挙でも共和党が勝っており、ここに至ればトランプ氏勝利の可能性が高い。

 現在のバイデン氏はまるで「本能寺の変」の後の明智光秀のように思える。安易に「自分が天下を取った」気分になった「三日天下」の後、豊臣秀吉に敗れた。
トランプ氏の強みは、秀吉が「中国大返し」という尋常ではない作戦を成功させるために部下の力を最大限に発揮させたのと同じように、トランプ氏のために身を粉にして働く元ニューヨーク市長で弁護士のルドルフ・ジュリアーニ氏をはじめとする支持者を多数抱えていることだ。

 もちろん、民主党や偏向メディアの妨害をくぐり抜けて「勝利」を獲得するのは簡単ではない。オールドメディアの「報道しない自由」や大手SNSの「拡散制限」によって、真実が国民に伝わりにくい部分があるのは事実だ。
 第2次南北戦争さえ起こりかねない米国の混迷の中で思い起こすべきは、エイブラハム・リンカーン大統領の有名な言葉である。

 奴隷解放を目指す北軍(共和党)を率いて南軍(民主党)と戦い、4万5000人の死傷者を出したゲティスバーグの戦いでは、《人民の人民による人民のための政治》という名言を残したことで知られるが、ほかにもこんな言葉がある。
 《すべての人を少しの間騙(だま)すことはできる。一部の人を永遠に騙すこともできる。しかし、すべての人を永遠に騙すことはできない》
 いくら「報道しない自由」を駆使し、「拡散制限」を行っても「すべての人を永遠に欺くことはできない」のである。
■大原浩(おおはら・ひろし) 人間経済科学研究所執行パートナーで国際投資アナリスト。仏クレディ・リヨネ銀行などで金融の現場に携わる。夕刊フジで「バフェットの次を行く投資術」(木曜掲載)を連載中。










【人食い】フェイスブック、ザッカーバーグが逮捕されグアンタナモ収容所に送られている!不正選挙に加担!フェイスブック、トランプ大統領のページを復活!大統領としてではなく大統領候補として!人食い顔のザッカーバーグ!トランプさん、ありがとう! - みんなが知るべき情報gooブログ







トランプ大統領、ソーシャルメディア、米主要メディアの大統領選挙の不正を絶対に認めないとの声明!メディアが中共から数百万ドルの賄略を買ったバイデン家のスキャンダルを隠蔽によりバイデン候補に投票してしまった!米国は言論の自由をすでに失っている!最後まで戦う、勝利する!米国民の大事な投票権と選挙への信頼を守る責務があると強調し、憲法と法律に基づいて選挙不正を正す重要性を説明しました!YouTube/2020年12月22日- みんなが知るべき情報gooブログ











トランプ大統領、全ての民主党反逆者を逮捕し、腐敗 したメディア、SNSを全て閉鎖する!10万人以上の 米民兵組織連合が声明発表!トランプが米軍を動かすのを議会は恐れている!世界中のTV局やNHKや各TV局やSNS界は国家反逆罪が適用され資産没収の適用がなされる!日本政府も米民主党、中国共産党一味! - みんなが知るべき情報gooブログ





1月20日のバイデン大統領就任式はなさそうです!刑務所グアンタナモ入所式に変更!バイデン自白の情報!トランプ大統領・臨時政府に軍権移行か!フリンが副大統領に!トランプ大統領は密かに【アメリカ連邦共和国】の初代大統領の就任式を行った!主要メディアは常にトランプを攻撃する報道ばかり、真実を報道しない!主要メディアを信じないで下さい! - みんなが知るべき情報gooブログ




トランプで変わる!給料の30%〜50%の税金や生活に関わる税金の43%は偽天皇家(李家・朝鮮)に搾取され続け、政治家は売国行為が仕事!総額1京円近いお金を国民から搾取!安倍は、ばら撒きキックバック外交!竹中は人材派遣法など利権作って売国!麻生もロスチャに娘売り、売国行為で、総額1京円近いお金を国民から搾取していた! - みんなが知るべき情報gooブログ






必見!トランプ大統領演説!私達は再び自由の為に戦う、圧政や迫害からでは無く人類の絶滅から救う為に!人類の独立記念日を祝おう!2020年7月1日、トランプ大統領の心に迫る演説!映画のような動画!世界をひっくり返そう! - みんなが知るべき情報gooブログ





日本国籍の日本人に1人6億円が個人口座に入金されます!トランプ革命政権!本当だったら凄い?!トランプは地球の資源、財産をすべてに分配するとメッセージ!世界の銀行の財務執行責任者であり【世界の大統領】世界平和統一政府が誕生する! - みんなが知るべき情報gooブログ


食事療法 - 人気ブログランキング/クリックお願い致します

政治・社会問題 人気ブログランキングとブログ検索 - 政治ブログ/クリックお願い致します

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

メインブログ

→画面に貼り付けるか、ブラウザにブックマークを!!
みんなが知るべき情報 - Google 検索/画像、画像から記事に飛べます

整体整筋【くりはら施術院】即効姿勢改善!首・肩・背中・腰
膝・手足【スピード改善】疲労回復、若返り、スポーツ運動能力向上、ここち良い全身施術ホームページhttps://seitaikurharaホームページ.jimdofree.com/