1世帯30万円の現金給付!国から市区町村に何の連絡もない回答!総務省、基準を簡素化し全国一律に!書類を市区町村に提出することが必要が!総務省、専用のコールセンターの電話番号は03-5638-5855で、受け付けは平日の午前9時から午後6時半までです!が混んで繋がりません!土日祭日は休むのか!

1世帯30万円の現金給付!国から市区町村に何の連絡もない回答!総務省、基準を簡素化し全国一律に!書類を市区町村に提出することが必要が!総務省、専用のコールセンターの電話番号は03-5638-5855で、受け付けは平日の午前9時から午後6時半までです!が混んで繋がりません!土日祭日は休むのか!


1世帯30万円の現金給付 基準を簡素化し全国一律に 総務省 | NHKニュース■専用のコールセンターの電話番号は03-5638-5855で、受け付けは平日の午前9時から午後6時半までです。

1世帯30万円の現金給付 基準を簡素化し全国一律に 総務省

2020年4月10日 16時04分新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減少した世帯への30万円の現金給付について、総務省は基準を簡素化し、世帯人数ごとにいくらまで減少すれば給付するかを定めました。世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、世帯主の月収が20万円以下に減少した場合などが対象となります。

政府は緊急経済対策の柱の1つとして、ことし2月から6月の間のいずれかの月に、世帯主の収入が一定の水準まで減少した世帯に対し、1世帯あたり30万円を現金で給付することにしています。

給付の条件は住民税が非課税となる収入の水準を基準としていますが、自治体によって違いがあるため総務省は、迅速な給付に向けて全国一律にすると発表しました。新たな基準では、世帯人数ごとにいくらまで減少すれば給付するかを定めています。

例えば世帯主と扶養する家族2人の3人世帯では、
▽月収が20万円以下に減少するか、
▽月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合、給付の対象となります。

給付を受けるには、収入の状況を証明する書類を市区町村に提出することが必要ですが、窓口での感染拡大を防ぐため、郵送かオンラインでの申請を基本とするということです。給付金は原則として本人名義の口座に振り込むとしています。

総務省ではこれらの情報をホームページに掲載するほか、10日から専用のコールセンターを設置し、問い合わせに応じることにしています。

給付の開始日は各市区町村が決めることになっていますが、総務省は「自治体側の負担が少ない簡便な仕組みにすることで、できるだけ迅速に給付できるようにしたい」としています。

世帯の人数ごとの給付条件

世帯の人数ごとの給付条件です。ことし2月から6月の間のいずれかの月の世帯主の月収の状況で審査されます。世帯の人数は世帯主と扶養する家族をあわせた数です。

▽単身世帯は、◇月収が10万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、20万円以下となった場合。

▽2人世帯は、◇月収が15万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、30万円以下となった場合。

▽3人世帯は、◇月収が20万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、40万円以下となった場合。

▽4人世帯は、◇月収が25万円以下に減少するか、◇月収が50%以上減少し、50万円以下となった場合。

専用のコールセンターの電話番号は03-5638-5855で、受け付けは平日の午前9時から午後6時半までです。

【新型コロナウイルス】30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん|日刊ゲンダイDIGITAL
 


新型コロナテロの真の目的は【経済破壊】弱者の【経済死】だ!安倍・小池の緊急事態宣言がそれだ【人口削減政策】風邪の一種【コロナ死】より圧倒的の恐怖!国民大量殺人政策! - みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter