インフルエンザは解熱剤などの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなる!近藤誠医師!ネット→同じ仲間の【新型コロナウイルス】にかかっても安静にしていれば治る!?のではないか【新型コロナウイルス】パニック作戦に混乱するな!がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である!

インフルエンザは解熱剤などの薬で悪化、致死率も上がる!暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなる!近藤誠医師!ネット→同じ仲間の【新型コロナウイルス】にかかっても安静にしていれば治る!?のではないか【新型コロナウイルス】パニック作戦に混乱するな!がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である!


発熱はウイルスを殺すために白血球が一生懸命闘っているから出る!それなのに熱を下げるのは、白血球の力を弱めているわけで、熱が下がっている間にウイルスが増殖するため、結果的に症状が長引くだけです。勇気がいるかもしれないけど、意識の転換をしてクスリの呪縛を断ち切るべきです。
「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社


「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)(記事は下記に)

  


クスリに殺されない47の心得:体のチカラがよみがえる近藤流「断薬」のススメ / 近藤誠 <電子版> - 紀伊國屋書店ウェブストア



新型ウイルスに勝つ【卵・肉】で免疫力を高めるか、混乱パニック生活を選ぶのか!72歳なぜインフルエンザ、風邪に4年間…罹らないのか!4年間タマゴ中心の食事で、良質な栄養素をとり続けているからです【空気感染】卵・トリムネ肉で免疫力アップが最強の防御です!卵は毎日4個以上をお勧めです!卵アレルギーの人はトリムネ肉がお勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語




「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)


医療がビジネスになっている

――『医者に殺されない47の心得』(アスコム)は刊行から5年で110万部を突破しました。これだけ多くの人に読まれた理由はどこにあると思いますか?

「なんで売れたのか? それは僕にもよくわかりません。今までの本と違うのは、ごくやさしく書いたということでしょうか。

それまでは一般向けと言いながら、専門家が読んでも文句が付かない書き方をしていた。根拠を示すために出典である論文がずらっと並んで、じつはかなり難しい。

それでも『患者よ、がんと闘うな』(文春文庫)なんか50万部ほど売れたわけで、読者には感謝しています。それで伝えたいことは一通り書いたという気持ちもあって、これからはわかりやすい本にしようと考えたんです。

広い医療分野をカバーした点も本書の特徴です。がん、高血圧、高脂血症、糖尿病、健診、人間ドック、食事や日常の健康法など、問題点を挙げて分析し、ラクに安全に長生きするためにはどうすればいいかを示しました。そこが読者に受けたのかもしれませんね」

近藤誠氏

〜中略〜
「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社(3/4)

〜中略〜

検診を受けて早く見つけることは長生きにつながると多くの人は思い込んでいるのでしょうが、それは錯覚・誤解です。生活習慣病も同じで、例えば最高血圧の基準は長い間160mmでしたが2008年のメタボ健診では130mmに引き下げられた。

50過ぎれば上が130mmというのはごく普通ですから、多くの人が高血圧患者にされ、治療されることになった。すると血圧は下がるかもしれないけど、早死にするリスクが高くなることは世界中の大規模追跡調査で証明されている。検診の数値など気にする必要などありません」

――本書で充分触れなかったもので最近、気になることはありますか。

「そうですね、ほぼすべてのワクチンも必要ありません。高齢者に打たせている肺炎球菌ワクチンなどその典型。有効性を示す論文というのも、非常に不完全な観察に基づいた、ある種のインチキ論文で、それを都合よく利用して、ワクチン接種を制度化しただけです。

具体的には、介護施設という特殊な環境で行った実験結果を元に、元気な高齢者にもワクチンをすすめることにした。どう考えてもおかしいでしょう。それでも制度化されたことで、毎年100億円というお金が製薬会社に入っている。それは皆さんが払った税金ですよ。

より身近な例ではインフルエンザのワクチンもまったく必要ない。理由は簡単で、効かないから。

インフルエンザも昔は流行性感冒と言っていたようにただの風邪。しかもインフルエンザは突然変異で形がどんどん変わるから、ワクチンなど効果があるはずがない。新型のインフルエンザが出た、パンデミックの危険がある……と騒ぐから不安になのだけど、単なる情報操作に過ぎません。

2009年にパンデミックになるぞ、危険だぞとしてWHOが最高の警戒レベルにしたのを覚えていませんか。確かに新型でしたが、インフルエンザの症状は従来のよりも弱かったんです。WHOも今は製薬会社の寄付金で成り立っているわけで、だれのために働いているかは想像すればわかるでしょう」

長生きしたいのであれば…

「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)

クスリの呪縛を断ち切ってください

――予防接種でワクチンを打たずにインフルエンザになったら大変じゃないですか。

「大変なことにはならないです。かかったときにクスリを飲むから、大変なことになる。それでもインフルエンザにかかりたくなければ、なるべく人混みに近づかない。でも、運悪くかかったら、暖かくして寝ていれば、1~2日でよくなります。

そうは言っても、会社を休めないからと解熱剤を飲んでしまう人が多いけど、それが間違い。熱はウイルスを殺すために白血球が一生懸命闘っているから出るんですよ。

それなのに熱を下げるのは、白血球の力を弱めているわけで、熱が下がっている間にウイルスが増殖するため、結果的に症状が長引くだけです。勇気がいるかもしれないけど、意識の転換をしてクスリの呪縛を断ち切るべきです」

――長生きしたければ、病院に近づかないのが一番と言うことですか。

「それに尽きますね。あとは、本を読むことかな。患者になってしまうと不安だから医者のいうことを鵜呑みにしてしまう。そうならないためには元気な時から医療が今どんな状況なのかを知る努力をするべきでしょう。

少なくとも、テレビやネットの無料情報に真実はない。それだけは断言できますよ。それは先にも触れましたが、医療が巨大なビジネスになっており、そこに加担しているマスコミもあるから。逆に言えばこの状況がかわらない限り、みなさんの将来は暗いかもしれませんね」

――先生自身は病院を離れて自由な立場になったことで、今までと活動が変わる可能性がありますか。

「実は、大学病院を辞めると暇になると期待していたけど、むしろ忙しくなった。大学病院時代は外来が週に1回で講義も年に1回だったのが、今は、がんのセカンドオピニオン外来が週に3回。空いた時間は朝から晩まで勉強しているか執筆している状態。本も以前は年に1、2冊だったのが、今は5冊から10冊も出しています。

そんな忙しい中でも一番充実しているのは、外来で患者さんと話をしている時。なかには外国から来てくれる方もいて、相談が終わったあと患者さんが笑顔で診療室を後にする姿を見ると、こちらも嬉しいです。

ただ、こうして直接お話が出来るのは僕がどんなに頑張ってもごくわずか。それ以外の多くの悩んでいる人のためにも、メディアを通じて医療界の問題を指摘し、患者さんがラクに安全に長生きできるための情報を発信し続け

ていくつもりです。

まあ、僕が生きている間に理想の医療環境になるとは思わないけど、だからこそやり続けるしかない、と思っていますよ」

中略
========
――医師の本の多くはそれぞれの専門分野の本が中心。それ以外の分野について言及することには慎重な人が多いと思いますが、抵抗はなかったですか。

「僕は大学では放射線科でがん治療をしていたけど、患者たちの主治医であったから、本人の生活習慣病、娘の子宮頸がんワクチンや親のボケのことなど、さまざまなテーマについても相談を受けてきました。そういう質問に、専門じゃないからよそで訊いてくださいと言うのが、しゃくだった。

幸か不幸か1988年に『乳ガンは切らずに治る』という問題論文を発表して以降、病院内では村八分状態で暇になったから、いろいろな分野の最先端論文を読み、患者さんからの質問に即答できるようにしていました。そうした現場での経験や勉強の成果としての基礎知識が備わっていたから、決して不安はなかったです」

――なるほど。でも、逆に言えばなぜ今回はがん以外の分野についても書こうと思ったのですか?

「それは程度の差こそあれ、問題の構造が同じだからです。人間ドックや職場健診でがんが見つかって、手術や抗がん剤治療を受ける人が多いわけですが、結果的に命を縮めている。高血圧、高脂血症、糖尿病なども、健診で数値が高いと言われて不必要なクスリを飲まされて命を縮めている。

精神病も単に人間関係で悩んで病院に行くと『あなた鬱傾向がありますね』と診断されクスリを出される。それを飲み続けていくと、やがてクスリの副作用で本格的な鬱になり、最後は『双極性障害です』『統合失調症ですね』となってしまう。

こうした現代医療の欠陥は、医療がビジネスになったことに原因があるというのが僕の持論です。ビジネスと考えれば、患者というユーザーを増やし、手術やクスリという商品を消費してもらうことを目指すのは当然ですから。商売をするのは自由ですが、それによって患者さんが命を縮めることは見過ごせないじゃないですか」

不要な治療を受けさせる

詳細はコチラ↓
「がん検診もワクチンも、全ては医者のカネ儲けの手段である」(近藤 誠) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

新型コロナウイル【死亡率】低いのではないか!?【スクルーズ船】検疫2月3日から始めて7日たっても死亡情報がない!?感染は、もっと前、高齢者が多い中!安倍政権が隠蔽しているなら話しは別ですが!?感染135名、日々増え!日本国内で感染が確認されたのは1月15日!- みんなが知るべき情報/今日の物語


原因は【安倍政権】新型コロナウイルス対策混乱!政権が【国立感染症研究所】の人員・予算削減で疲弊【感染症対策が弱体化】人手も足りず!国民を危険に晒している!昨年4月、田村議員が今の新型コロナウイルス騒動を予見するような質問をしていた! - みんなが知るべき情報/今日の物語


【李氏・安倍晋三さん】新型コロナ【ウイルス戦争・東京心理パニック作戦】ご企画、やめて下さいね!都内でタクシー運転手の感染確認!ウイルスを撒く役割をカルト信者が担い!感染経路のわからない患者が増えて【パニックが発生】日本で勝手なテロ、辞めてくれませんか?自分たちが窮地だからと言って日本人を巻き込まないで下さい! - みんなが知るべき情報/今日の物語



新型ウイルス肺炎とインフルエンザどちらが危険か【インフル】世界の年間64万人以上死亡!日本は年1万人!大騒ぎする【ビルゲイツ人口削減一味】と手下のメディア!安倍晋三らも一味【生物兵器】死亡者の数字は過小評価の可能性!呼吸器疾患だけの数字、心臓病や脳血管疾患などの持病も調査が必要!2018年記事!卵などで免疫力アップすればウイルスも怖くない!- みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルス【季節性インフルに進化の可能性!悪魔の【猛毒ワクチン】をインフルと2種類を打てになる!脳を破壊=白痴化、自閉症、発癌性、不妊症【人口削除テロ】免疫力を高めて防御!新型ウイルスのワクチンは既に出来ている情報もある!卵・肉などで免疫力アップを!- みんなが知るべき情報/今日の物語


【新型ウイルス肺炎】インフルより危険性低いのに安倍首相が政治目的に利用する!日本国内で【インフルエンザ】の死亡者は年間1万人以上いるのに、中国人を【ばい菌扱い】大衆は【非常事態】であると認識・錯覚!政治権力による強権的な施策に盲従してしまう傾向にある!ワイドショーが起こすモラルパニック!- みんなが知るべき情報/今日の物語

そんな怖くない【新型ウイルス肺炎】風邪の病原体の1つ、全く珍しいものではない!死亡、重症化するのは免疫力が低下した持病のある人、高齢者など一部の人!今回の【新型コロナウィルス】の死亡率も毎年のように新たな型のウイルスと大して変わらない!コロナウイルスよりも危険な【ビルゲイツ財団】のワクチンや治療薬投与キャンペーン!ウイルスは生物兵器! みんなが知るべき情報/今日の物語



新型コロナウイルスの主犯は【ビルゲイツ】か!ゲイツ財団は【コロナウイルス・パンデミック】は昨年2019年10月18日に計画およびテストされた!安倍晋三一味【人口削減計画】テロ目的の遺伝子組み換えウイルスの開発! - みんなが知るべき情報/今日の物語



インフルエンザ治療薬タミフルは、インフルエンザにはほとんど効果がない!おまけに高い確率で副作用が出る!医者はそれを知っているので、自分の家族には打たせない!インフルエンザワクチンも効かない!


インフルエンザ治療薬タミフルは、インフルエンザにはほとんど効果がない!おまけに高い確率で副作用が出る!医者はそれを知っているので、自分の家族には打たせない!インフルエンザワクチンも効かない!


新形コロナウイルス【治療薬】日本では開発済【アビガン】富山化学!200万人分備蓄【多摩境内科クリニック福富院長】病院・医院は予め…富山化学工業と契約しておいた方がいい!厚生労働省に申請して、その病院でアビガンを治療薬に使うことができる!- みんなが知るべき情報/今日の物語


自閉症の原因のひとつがワクチン!トランプ大統領の公約【医療マフィアの粛清】大量ワクチン接種で自閉症!自閉症は遺伝によるものではなくワクチンが原因!インフルエンザ、子宮頸がんワクチン! - みんなが知るべき情報/今日の物語

トランプの公約【医療マフィアの粛清】大量ワクチン接種で自閉症の件!トランプ大統領は口だけで吠えているのではない!トランプの革命力「アメリカ大変身」日米マスメディアは報道しない!自閉症は遺伝によるものではなく、ワクチンが原因で引き起こされているものだとイタリアで認められました。しかもメーカーは臨床治験段階でそれを知っていたとのこと。そして、これがアメリカと日本では報道されていないことに、恐ろしさを感じます。 - みんなが知るべき情報/今日の物語

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!



子宮頸がんワクチン、2種類のウイルスのみ有効、15種類のうち。がんの発症予防は未確認!! -gooブログ

新型ウイルスに勝つ【卵・肉】で免疫力を高めるか、混乱パニック生活を選ぶのか!72歳なぜインフルエンザ、風邪に4年間…罹らないのか!4年間タマゴ中心の食事で、良質な栄養素をとり続けているからです【空気感染】卵・トリムネ肉で免疫力アップが最強の防御です!卵は毎日4個以上をお勧めです!卵アレルギーの人はトリムネ肉がお勧めです!【整筋整体職人】






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します



整体職人・仙台/よみがえれ体/筋肉系・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首・膝痛・手足・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」ヘッドから足裏まで心地よい全身施術