ノーベル賞・山中教授を【恫喝した】安倍首相補佐官・和泉洋人と美人官僚が公費で【京都不倫出張中に】IPS細胞研究には来年から国費は出しません!支援金10億円打ち切り!動画あり「公私混同」の瞬間をスクープ撮、文春スクープ!大坪氏は和泉氏と知り合った後、大臣官房審議官に出世!

ノーベル賞・山中教授を【恫喝した】安倍首相補佐官・和泉洋人と美人官僚が公費で【京都不倫出張中に】IPS細胞研究には来年から国費は出しません!支援金10億円打ち切り!動画あり「公私混同」の瞬間をスクープ撮、文春スクープ!大坪氏は和泉氏と知り合った後、大臣官房審議官に出世!


安倍首相補佐官と美人官僚がノーベル賞・山中教授を“恫喝”した 「公私混同」の瞬間をスクープ撮【先出し全文】(文春オンライン) - Yahoo!ニュース



【動画】安倍首相補佐官と厚労女性幹部が公費で「京都不倫出張」《予告編》 | 文春オンライン

安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」 | 文春オンライン(記事は下記に)







日本終焉レベルの大問題!安倍政権の【iPS細胞】10億円支援打ち切りという愚行!安倍晋三一味の国民の病気・命切り棄て政策!科学の地盤沈下に拍車をかける政府の愚行!優秀な頭脳はみな海外に流出してしまいます! - みんなが知るべき情報/今日の物語




安倍首相補佐官と美人官僚がノーベル賞・山中教授を“恫喝”した 「公私混同」の瞬間をスクープ撮【先出し全文】(文春オンライン) - Yahoo!ニュース


安倍首相補佐官と美人官僚がノーベル賞・山中教授を“恫喝”した 「公私混同」の瞬間をスクープ撮【先出し全文】有料

12/11(水) 16:00配信

(C)週刊文春デジタル

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA[サイラ])。日本の再生医療をリードする研究拠点だ。8月9日、午前11時。所長の山中伸弥氏(57)はここで単身、東京からやって来た一組の男女と向き合っていた。男は、和泉洋人首相補佐官(66)。傍らには黒髪のロングヘアが印象的な美熟女が座っている。

 和泉氏はA4判の資料を示した。

「来年から国費は出しません」

「え?  来年からって……」

 あまりに突然の“天の声”に驚きを隠せない山中氏。3人きりの部屋に、張り詰めた空気が漂った。

以下、有料記事

本文:8,795文字再生時間:6分14秒


安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」 | 文春オンライン


安倍政権で官邸主導を牽引する和泉洋人首相補佐官(66)と、不倫関係にある厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)の大坪寛子氏(52)が、京都に出張した際、ハイヤーを借りて私的な観光を楽しんでいたことが、「週刊文春」の取材でわかった。交通費は公費から支出されているだけに、「公私混同」との批判も出そうだ。

菅長官の“懐刀”とも呼ばれる和泉補佐官 ©共同通信社

この記事の画像(8枚)

大坪審議官 ©共同通信社

 8月9日に、二人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。午前中に山中氏との面会をすませると、ハイヤーに乗り、観光客で賑わう河原町へ。老舗の甘味処でかき氷を注文すると、和泉氏は自分のスプーンで大坪氏に食べさせるなど、親密な様子を見せた。その後、ハイヤーで40分ほどかけて京都市北部の山奥にある貴船神社へも立ち寄った。古くから「恋愛成就を祈る社」として知られる同神社でも、大坪氏が和泉氏にお賽銭を渡したり、腕をからめて参道を歩くなど、終始仲睦まじい様子だった。

©文藝春秋

お参りを終え、腕を組んで階段を降りる2人 ©文藝春秋

 国土交通省出身の和泉氏は、安倍政権発足当初から首相補佐官を務め、長期政権で強まる「官邸主導」を牽引する「官邸官僚」の中心人物として知られる。中でも菅義偉官房長官の信頼は厚く、沖縄の米軍基地移設問題や新国立競技場建設、米軍機訓練候補地である鹿児島県馬毛島の買収など、安倍政権が注力する重要課題の対応にあたってきた。加計学園の獣医学部新設問題では、「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と前川喜平・文部科学省事務次官(当時)に発言したとされる問題(和泉氏は発言を否定)を巡り、国会に招致されたこともある。

 和泉氏に経緯を聞くと、公務で京都に行ったことは認めた上で、次のように説明した。

「(貴船神社には)行きました。彼女はもともと、午後は休暇を取っているから。僕は休暇ではなく、出張です。僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが」

霞が関に大きな影響力を持つ和泉補佐官 ©文藝春秋

 また、交際については「ないです」と否定。ハイヤー代は「ポケットマネーで支払った」と答えた。

 一方の大坪氏は、往復の新幹線代の支払いについて、「内閣官房で行なっています」と公費だったことを認めた上で、午前中は公務だが、午後は半休をとったと説明した。

 和泉氏との関係については、「補佐官から『医学用語が分からないから一緒についてきて通訳してくれないか』と言われた」などと説明し、交際について問う記者に「男女って……(和泉氏は)だいぶおじいちゃんですよね。いくつだと思う?」と回答した。

大坪氏は和泉氏と知り合った後、大臣官房審議官に出世 ©文藝春秋

 ただ、「週刊文春」では、この日以外にも、和泉氏がハイヤーで仕事帰りに大坪氏を自宅まで送り届けたり、都内で手つなぎデートやエスカレーターでハグする様子など、上司と部下を超えた関係であることを複数回確認している。


銀座でデートする2人 ©文藝春秋

次は老舗のバーへ。銀座の路上では人目も憚らず寄り添い、自然に手をつないだ ©文藝春秋

 内閣官房の健康・医療戦略室のナンバー2である大坪氏は、山中教授が中心になって進めているiPS細胞の備蓄事業について、国費投入の削減を突如打ち出し、「日本の医療戦略を混乱させている」(厚労省関係者)との批判があがっている。官邸・霞が関に大きな影響力を持ち、健康・医療戦略室の室長である和泉補佐官が、部下の大坪氏との不倫関係によって、公平であるべき行政を歪め、「私物化」していないのか、今後、説明が求められそうだ。

 12月12日(木)発売の「週刊文春」では、二人が京都で山中教授に要求したiPS細胞研究の予算削減案、大坪氏が和泉氏の威を借りて関係各所の人事や予算に介入した疑惑、そして山中教授が「週刊文春」の直撃に語った「オープンな場で健康・医療政策の意思決定を行うべき」などについて6ページにわたって特集している。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

STAP細胞は何故ハーバード大が独占したのか!安倍晋三が深く関わったのは間違いない!小保方を犠牲にして!理研、東京女子医大、ハーバード大が共同で特許出願の予定だったが日本は権利を放棄した… 日米の闇! - みんなが知るべき情報/今日の物語





再生医療、がん治療の星!多能性幹細胞【ミューズ細胞】脳梗塞…治験開始、腎不全、皮膚培養、がん治療!体のさまざまな組織の細胞に変化する修復細胞!今ある医療現場の他の治療法に比べて製造コストも低く使い勝手もいい治療法となるだろう!脳神経細胞が死滅して起きる、まひなどの後遺症など!発見者・出澤真理教授・東北大学!ノーベル賞候補!ミューズ細胞は生体が傷ついた時、自然と集まって組織を修復する、誰もがもつ細胞=万能細胞なのです!- みんなが知るべき情報/今日の物語


免疫力アップ、1個10円の【最強スパーフード】とは!がん完治、健康な体作り、インフルエンザ、風邪、糖尿病、認知症、筋肉増強、生活習慣病、学習能力アップ脳を活性化など!安価どこでも買える!: くりはら施術院【整筋整体職人】仙台/痛み・疲労回復・若返り/筋・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足・若返り・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区二日町、電話022-214-2850


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します