『たまご』認知症、学習能力アップ『卵のコリン』は脳を活性化、元気にさせるコリンがいっぱい!がん完治、インフルエンザ!生活習慣病、老化防止、内蔵脂肪、肥満、アルツハイマー病、記憶力や集中力を高める!

『たまご』認知症、学習能力アップ『卵のコリン』は脳を活性化、元気にさせるコリンがいっぱい!がん完治、インフルエンザ!生活習慣病、老化防止、内蔵脂肪、肥満、アルツハイマー病、記憶力や集中力を高める!


たまごには脳を元気にさせるコリンがいっぱい!|教えて!たまご先生(記事は下記)



日本養鶏協会(記事は下記に)

たまご1個で摂れる1日に必要な栄養素(たまごの全てがわかる、たまごペディア)|たまごの丸金(まるかね)-おいしいたまごの生産、業務用・小売用の鶏卵卸販売-

タマゴの効能!がん、糖尿病など「生活習慣病」認知症、動脈硬化、心臓病、アレルギー、ダイエット、便秘、貧血、記憶力増強、目、風邪…老化防止『若返り』ゼラチン・ラード・タマゴ・肉「食事法」私はタマゴを毎日、3個~6個食べています。体調、益々上々です。卵アレルギーの方は肉を主食にされると良いかと、その理由は…/炭水化物、砂糖の大食いが改善されます。糖質、炭水化物は自律神経を乱します。 - みんなが知るべき情報/今日の物語


卵でインフルエンザワクチンはいらない!風邪も引かなくなった高齢者の私!ワクチンは打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬!予防効果がないことから定期予防接種から外されたワクチン!医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済むは、まったく科学的根拠なく!医療マフィアの金儲け!自閉症の原因のひとつがワクチン!トランプ大統領の公約【医療マフィアの粛清】: 整体職人






ガンにならない体【卵・肉・魚介の良質蛋白質】と【動物性脂肪】で免疫力アップ『元ハーバード大学准教授』荒木裕医師!癌は砂糖・糖質が大好き!癌は生命エネルギー発生装置の【ミトコンドリア】の故障!ほとんどの病気は『糖』が原因といってもいい!糖質が『代謝力』低下の最大要因!荒木裕医師は日本で開業!: 整体職人



がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!ダイエットにも!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!: 整体職人【くりはら施術院】仙台/痛み・疲労回復・若返り/筋・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足・若返り・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区二日町、電話022-214-2850





たまごには脳を元気にさせるコリンがいっぱい!|教えて!たまご先生


『たまごには脳を元気にさせるコリンがいっぱい!』

みなさん、記憶力や集中力を高める方法はないかと考えたことはありませんか?

記憶力や集中力は訓練することで鍛えることもできますが、栄養素を摂取することで活発にすることもできるんです。その栄養素といえば、たまごに入っているコリン。

私たちの身体の細胞ひとつひとつにリン脂質が含まれています。このリン脂質を構成する重要な成分がコリンです。体内にコリンが入ると、記憶力や学習能力に関係している神経伝達物質の「アセチルコリン」が生成されるため、たくさん摂取することで学習能力が25%もアップしたという実験結果も出ているそうです。

たまごの卵黄コリンは、食品の中で最も脳内に届きやすく、大豆の約3倍の量が含まれています。この卵黄コリンをビタミンB12と組み合わせて摂ることでアルツハイマーや認知症の改善にさらなる効果が表れることが明らかになってきたそうです。たまごには、コリンの他、ビタミンB12も含まれているので脳を元気にする食材にはぴったりですね。

またコリンは、血管を拡張させて血圧を低下させ、高血圧の予防効果があるほか、コレステロールや中性脂肪の量を適切に保つ働きがあるため、高コレステロール血症や動脈硬化症、脂肪肝などの予防や改善にも働きがあると言われ、成人病予防にも最適。たまごをいっぱい食べて頭も体も健康管理してみてはいかがでしょう。


日本養鶏協会


『たまごのコリンは、脳を活性化させます。』

●私たちのからだを構成している60兆個の細胞。その一つ一つにはリン脂質が含まれており、このリン脂質の重要な成分がコリン。記憶・学習に深く関わる神経伝達物質です。
●コリンを多く摂った結果、学習能力が25%もアップしたという実験もあります。さらに、アルツハイマー病や認知症の予防などにも効果があることから脚光を浴びています。

『卵黄コリンは、もっとも脳に とどきやすい優れもの。』

●卵黄には、大豆の約3倍のコリンが含まれているうえに、食品の中でもっとも脳内に吸収されやすいという特長をもっています。
●研究の結果、卵黄のコリンをビタミンB12と組み合わせて摂ると認知症の改善にさらに効果が表れることが明らかになりました。

『たまごのコリンは、生活習慣病の予防にも働きます。』

●コリンは、血管を拡張させて血圧を低下させるために、高血圧の予防効果があります。
●また、コリンはコレステロールや中性脂肪の量を適切に保つ働きがあるため、高コレステロール血症や動脈硬化症、脂肪肝などの予防や改善にも働きます。

『誰もが気になるメタボリックシンドローム。』

●過食や運動不足などの生活習慣病が続き、内臓に脂肪がたまり特に腹回りが太っている内臓脂肪型肥満の人が、糖尿病、高血圧、脂肪異常症のうち2つ以上にかかっている状態を「メタボリックシンドローム」といいます。
●それぞれは軽症でも併せもつことによって、動脈硬化の危険性が急激に高まり、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす可能性が高くなります。

『たまごは内臓脂肪を増やしません。』

●メタボリックシンドロームは、中性脂肪値が高いことと、善玉コレステロール値が低いことが特徴です。
●しかし、たまごには中性脂肪の量を調節するコリンも含まれている上に、中性脂肪を増やす原因となる炭水化物がほとんど含まれていないので、内臓脂肪を増やす心配はありません

『老化を早める原因の一つに活性酸素があります。』

●生活習慣病や老化の原因である活性酸素。細胞や遺伝子を傷つけたりして動脈硬化を促進します。その害を防ぐのが抗酸化作用をもつ食品です。

『たまごには抗酸化作用がたっぷり!』

●たまごには、メチオニンという必須アミノ酸が豊富に含まれています。メチオニンから体内でつくられた抗酸化物質は、からだの毒素や老廃物を排泄し、代謝をよくする働きをします。
●また、たまごには活性酸素の発生を抑えたり、ミネラルの一種で活性酸素を除去する働きの強いセレン・セレニウムやビタミンA、B6、Eなども含まれています。

『卵黄に含まれるカロチノイドにも、 抗酸化作用があります。』

●卵黄には、抗酸化作用が強く、体内の活性酸素を除去する働きのあるカロチノイドが含まれています。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

がん細胞は【正常細胞に戻る】食事習慣、生活習慣条件によって変わる!がんは自己防衛のために先祖返りの【単細胞生物】がん遺伝子も変えられる…食事、運動、生活環境で!薬が病気をつくる!自分を守るのは医者ではなく自分自身!新説は癌治療の常識を変えるか!- みんなが知るべき情報/今日の物語




遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語


『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




肺ガンが増えた原因はCT検査!早期発見早期治療の罠!医療マフィア日本医療…早期発見早期治療をうたい文句にして手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり命を落といく!元診療放射線技師【タバコが肺がんの主な原因】とは到底、考えられない!武田邦彦氏/癌の原因は放射線、強いストレス、添加物、砂糖・糖質、薬、抗がん剤、放射能など!癌は食事、生活環境で遺伝子も変えられる!: 整体職人・仙台


【検診好きの悲劇】若いがん患者15~39歳【女性が75%】国立がんセンターなど集計!それは何故か…女性が【検診好き】と癌が大好きな【砂糖・パン小麦粉好き】検診で日本人の2人に1人が癌にされ癌治療で殺される!癌はタマゴ中心などの食事術で完治するくらいの病、医療の9割は不要!食事、生活環境で遺伝子発現も変えられる!: 整体職人【くりはら施術院】仙台/痛み・疲労回復・若返り/筋・気経絡整体《即効姿勢改善》腰痛・肩こり・スポーツ、生活疲労・ギックリ腰・ 五十肩 ・スマホ首、手足・若返り・疲労回復「古来伝承整健術・経絡ツボ療術整体」心地よい全身施術/経験豊富ベテランの施術/仙台市青葉区二日町、電話022-214-2850


長生きしたければ、がん検診は受けるな! がん検診で、癌になる…CTなどの検査には、こんなに害がある!/岡田正彦・新潟大学医学部教授/早期発見・早期治療で寿命は延びない。それどころか、CTなどの検査には、こんなに害がある。検診で微細ながんを見つけ出し、激しい治療を施される不利益の方が、放置しておくよりも、むしろ大きいかもしれない。これ一つをとっても、がん検診の有効性には大きな疑問符がつくのです。乳がん検診で、乳がんによる死を防げるのは、1,000人中1人ということです。

米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します