改憲(改悪)徴兵制への布石!安倍政権のホルムズ海峡への自衛隊派遣! 米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲、そして徴兵制、核武装を目論む!安倍政権は米国戦争屋CIAネオコンの傀儡政権!自衛隊艦船への偽旗攻撃は大歓迎となる!

改憲(改悪)徴兵制への布石!安倍政権のホルムズ海峡への自衛隊派遣! 米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲、そして徴兵制、核武装を目論む!安倍政権は米国戦争屋CIAネオコンの傀儡政権!自衛隊艦船への偽旗攻撃は大歓迎となる!


安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ|LITERA/リテラ(記事は下記に)

安倍政権による自衛隊の中東ホルムズ海峡派遣意思決定は飛んで火に入る夏の虫そのもの:改憲(改悪)を目論む安倍氏にとっては大歓迎か : 新ベンチャー革命(記事は下記に)

安倍軍の徴兵制への布石【自衛隊の中東派遣を本格検討】政府!米有志連合は不参加!自衛隊は台風15号、19号の被災地に大出動させるべき日本の状況だろう!安倍晋三、徴兵制度の復活は私の歴史的使命!2013年8月13日、後援会主催会合で!若者を戦争ビジネスのために殺そうと!戦争は1%にとってはビジネスであり莫大な金儲けに直結している!- みんなが知るべき情報/今日の物語



安倍晋三の野心!改憲後の日本を核武装化するという野心を、世界の国々は知り尽くしている <広島・長崎ともに核禁条約にそっぽ=核武装への布石> 一人まともな政党が山本太郎の「れいわ新選組」である/安倍暴政全開<本澤二郎>プーチン大統領が暴露、日本は地震を偽装した核実験を止めよ!- みんなが知るべき情報/今日の物語





安倍政権による自衛隊の中東ホルムズ海峡派遣意思決定は飛んで火に入る夏の虫そのもの:改憲(改悪)を目論む安倍氏にとっては大歓迎か : 新ベンチャー革命


安倍政権による自衛隊の中東ホルムズ海峡派遣意思決定は飛んで火に入る夏の虫そのもの:改憲(改悪)を目論む安倍氏にとっては大歓迎か

新ベンチャー革命2019年10月19日 No.2494

 タイトル:安倍政権による自衛隊の中東ホルムズ海峡派遣意思決定は飛んで火に入る夏の虫そのもの:改憲(改悪)を目論む安倍氏にとっては大歓迎か

 1.日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの要求に屈して、安倍政権は遂に、自衛隊の中東派遣を容認した

  日本を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンの圧力によって、安倍政権は遂に、自衛隊の中東派遣を容認させられています(注1)。

  これまで、日本は米国戦争屋の主導する有志連合に参加するよう求められていましたが、イランからの石油輸入国である日本にとって、イランから敵視されることだけは最低限、避けようとしたと思われ、さすがに、こちらは断っています。

  しかしながら、今回の自衛隊の中東派遣は、非常に危険な選択であることに変わりはありません。

 2.近未来の日本は、米国戦争屋の企む対イラン戦争に引き摺り込まれる危険が高まった

  今の安倍政権は、上記、米国戦争屋CIAネオコンの傀儡政権であるため、あれほど悪政を続けても、厚かましくヌケヌケと政権が維持されています。

  米戦争屋が、安倍政権に課しているのは、言うまでもなく、改憲(憲法改悪)であり、ズバリ、自衛隊の米軍傭兵化を合法化するためです。

  そして、安倍政権は、自分たちの権力維持と引き換えに、改憲(平和憲法の破壊)の実現を目指しています。

  しかしながら、国民の改憲への関心がいっこうに高まらないので、米戦争屋は何とかして、国民を改憲賛成へと誘導しようと企み始めたと推測されます。

  その企みの第一弾が、今回の自衛隊の中東派遣要請だと思われます。

  これによって、日本が米戦争屋の仕掛ける戦争に引き摺り込まれる危険が一層、高まったのです。

 3.自衛隊のホルムズ海峡派遣は、飛んで火に入る夏の虫そのもの

  今回の自衛隊中東派遣の強制の背後に、米戦争屋CIAネオコンの狡猾な悪巧みが潜んでいるのは間違いないでしょう。

  近未来、実際に、自衛隊の艦船が、ホルムズ海峡でウロウロさせられることは、まさに、飛んで火に入る夏の虫そのものです。

  彼ら米戦争屋が何を企んでいるかと言えば、おそらく、自衛隊艦船に対する偽旗テロ攻撃作戦であることは間違いないと断言できます。

  具体的には、ホルムズ海峡に派遣された自衛隊艦船が、何者かに、テロ攻撃されることになります。

  そして、テロ攻撃の実行犯は、イランが闇支援する反米武装勢力だと、米戦争屋CIAネオコンは強引に決めつけるでしょう(実はウラで、すべて米戦争屋CIAネオコンおよびイスラエル・ネオコンが仕組んでいる)。

  上記の偽旗テロ作戦において実行犯にデッチ上げられる反米武装勢力は、今年9月に実行されたサウジ石油施設攻撃(注2)の実行犯とされるフーシ派(イエメンに拠点を置く)などのせいにされるでしょう。

  こうして、瞬く間に、日本は、米戦争屋CIAネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の仕掛ける中東戦争に引き摺り込まれるということです。

 4.改憲実現を至上命令とされている安倍氏にとっては、フーシ派による対・自衛隊艦船への偽旗攻撃は大歓迎となる

  安倍氏は、彼を傀儡化する米戦争屋ジャパンハンドラーとCIAネオコンのいいなりになることで、首相としてのクビをつないでいますから、今回の自衛隊の中東派遣要求を断れません。

  さらに、米戦争屋は、安倍氏に、自衛隊の米軍傭兵化のための改憲を急ぐよう急かせるはずです。

  近未来、自衛隊艦船が、ホルムズ海峡で反米武装派からテロ攻撃されれば、国民も、改憲に賛成せざるを得なくなるでしょう。

  今の安倍氏にとって、自衛隊艦船がホルムズ海峡で反米武装派に攻撃されることは、ある意味、大歓迎なのです。

  われら国民は、上記のような、米戦争屋ジャパンハンドラーおよびCIAネオコンの謀略にだまされないよう、十分、警戒すべきです。

 注1:阿修羅“安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ(リテラ)”2019年10月19日
http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/561.html

注2:サウジ石油施設攻撃
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B8%E7%9F%B3%E6%B2%B9%E6%96%BD%E8%A8%AD%E6%94%BB%E6%92%83


安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ(2019年10月19日)|BIGLOBEニュース


安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ

LITERA10月19日(土)6時54分

平成30年自衛隊記念日観閲式に出席する安倍首相(首相官邸HPより)

 やはり安倍首相は“戦争”をしたいらしい。本日午後、日本政府が中東のホルムズ海峡周辺に自衛隊を派兵する方針だと、マスコミ各社が伝えた。13時台にFNNが〈ホルムズ海峡周辺に自衛隊を独自派遣へ〉と速報を打ち、他社も後追いで報じた。安倍首相は午後の国家安全保障会議(NSC)で、自衛隊派遣の具体的検討を指示した。

 速報後に行われた菅義偉官房長官の会見によれば、派遣が検討しているのは中東のオマーン沖やアラビア海北部など。ホルムズ海峡という言葉はあえて避けたが、地理的につながっており、まさに目と鼻の先だ。河野太郎防衛相は“ホルムズ海峡は含まれていない”と記者団に語ったというが、はっきり言って言葉遊びにすぎない。

 ホルムズ海峡をめぐっては、イランとの緊張関係が高まっている米国が、日本に「有志連合」への参加を強く要請していた。菅官房長官によれば、「有志連合」には参加せず、自衛隊派遣は「日本独自の取り組み」と位置付けるという。「中東における緊張緩和と情勢の安定化」「中東地域の平和と安定および我が国に関係する船舶の安全の確保」を理由に挙げ、さらに「情報収集体制の強化を目的」とし、「防衛省設置法に基づいた調査および研究」として実施すると表明。そのうえで「今後、様々なことを検討していく」と述べた。

 周知の通り、米国とイランとの緊張の高まりを背景に6月中旬以降、「自衛隊のホルムズ海峡派遣」の問題は、米国が要請する「有志連合」参加の可否も含め、浮上していた。ところが、安倍政権は選挙の争点にならないように徹底してはぐらかしてきた。事実、7月の段階では、当時の岩屋毅防衛相が「現段階でホルムズ海峡へ自衛隊を派遣することは考えていない」とコメントしている。今回のホルムズ海峡周辺への自衛隊派遣は、事実上、それをひっくり返した形だ。

 いまのところ日本政府は、表向きイランとの外交関係も踏まえたものとして、米国率いる「有志連合」へは参加しないとしているが、注意しなければならないのは、菅官房長官が「今後、様々なことを検討していく」と含みを持たせていることだろう。断言するが、その本丸が「ホルムズ海峡への自衛隊派遣と米国船防護」にあることは疑う余地がない。

 どういうことか。そもそも、ホルムズ海峡への自衛隊派遣問題をめぐっては、第一に「米国の強い要請」という文脈がある。

 事実、安保法制に多大な影響を与えた2012年の「第3次アーミテージ・ナイ リポート」でも〈イランがホルムズ海峡を封鎖するとほのめかしたら、自衛隊は掃海艇を派遣すべきだ〉とされている。つまり「ホルムズ海峡への自衛隊派兵による米国船防護」は、米国から長年求められていたことだ。トランプ大統領はとくに強行で、今年6月にはホルムズ海峡のタンカーについて、日本を念頭に〈なぜ、われわれアメリカがそれらの国のために航路を無償で守っているのか。そうした国々はみな、危険な旅をしている自国の船を自国で守るべきだ〉とツイート。日本政府へのプレッシャーを強めており、事実、この夏の間も日米防衛幹部らが水面下で交渉していた。

 トランプ大統領に尻尾をふってやまない安倍首相は、当然、「米国の強い要請」を満たしたいに決まっている。だが、そこに法的な問題が立ちふさがった。6月の日本タンカー攻撃事件の際、岩屋防衛相は集団的自衛権を発動することはないと明言した。つまり、集団的自衛権行使の3要件のひとつである「存立危機事態」に該当しないと認めていたのだ。これに関しては、本日の菅官房長官の会見でも「現在、日本に関係する船舶の防護が直ちに必要な状況にはない」と述べられた。

 自衛隊を派遣してストレートに集団的自衛権を行使することはできない。ならばと、政権は“抜け穴”を探し始めた。海賊対処法や自衛隊法が定める海上警備行動による自国船の警護を名目にすること、あるいは、安保法制の「重要影響事態」に認定すること。しかし、前者は米国の求める「米艦防護」が不可能で、後者は認定のハードルが高く、かつ、世論の強い反対も必至だった。

 そこで現実的プランとして有力視されていたのが、本日の官房長官会見でも明言された防衛省設置法に基づく「調査・研究」を名目とする方法だ。同法4条には、防衛省が司る事務として「所掌事務の遂行に必要な調査及び研究」が明記されており、偵察・情報任務などの根拠法とされる。2001年の米国同時多発テロ直後には、テロ対策特別措置法に基づく米軍への後方支援の前段階として、海上自衛隊護衛艦のインド洋派遣の根拠にもされた。一方で、法的には日本船警護を念頭にした他船や人への武器使用は認められず、当然、集団的自衛権にもカスリもしない。

●菅官房長官「今後、様々な方法を検討する」の真意、用意されている“第二・第三の矢”

 しかし、騙されてはいけない。官邸や防衛省幹部はこの間、新聞記者らに「防衛省設置法を使うと比較的安全な地域に限定されるから」などと吹聴していたようだが、逆に言えば、これだけで終わるわけがないのだ。

 だいたい、いくら安倍政権が隠そうとしても、ホルムズ海峡周辺で日本の自衛隊が哨戒をすれば、イランからは敵対行動に映る。自衛隊機による偵察が得た情報を米国側に差し出すことは“公然の秘密”であり、それは米軍と一体化した“軍事行動”に他ならないからだ。また、単純に周辺海域で他国間の武力衝突が発生すれば自衛隊が巻き込まれるリスクは高まる。さらに、哨戒任務中に不測の事態が起こると、それこそ世論は安保法等に基づいた武力行使に一気に傾くだろう。

 菅官房長官が「今後、様々な方法を検討する」と語るように、“第二・第三の矢”が用意されている可能性は極めて濃厚だ。最終的な安倍政権の目標を「集団的自衛権を行使した米艦防護」におけば、防衛省設置法の「調査・研究」を名目とするホルムズ海峡周辺への自衛隊派遣は、その“撒き餌”となる。当然、海外で自衛隊が武力行使に出れば、日本は第二次世界大戦での敗戦後、初めて直接的に戦争へ参加することになる。

 そして、この「ホルムズ海峡周辺への自衛隊派遣」から始まるシナリオは、まさに安倍首相が悲願とする改憲へとつながる。ひとつは、“軍事目的”による自衛隊海外派遣を既成事実化することで、9条改憲の「必要な自衛の措置」「そのための実力部隊」(自民党の改憲条文イメージ)を国民に飲み込みやすくさせるという狙いがあるだろう。もうひとつは、ひとたび自衛隊が任務中に何者かに攻撃されたり、海峡周辺で米軍関連の不測の事態が起これば、安倍政権が「なぜ自衛隊は反撃できないんだ」と世論を煽っていくのは火を見るより明らか。一気に改憲に雪崩れ込もうとするはずだ。

 いずれにしても、任期が残り少なくなってきた安倍首相にとって、自衛隊の海外派遣は、改憲を達成するため“最後のワンピース”だ。これまで以上に無理を押し通し、めちゃくちゃな法解釈をしてくる可能性もある。自衛隊を“改憲の道具化“する政権の動きを、引き続き注視しなければならない。(編集部)


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

安倍晋三、徴兵制度の復活は【私の歴史的使命】2013年8月13日、後援会主催会合/あなたの子、孫が - みんなが知るべき情報/今日の物語




参院選を自民党に勝たせたら、自衛隊が中東に派遣され、日本が戦争に巻き込まれる⁉ 暴走するシステムを止めるチャンスは、この1週間!参院選 比例代表 れいわ新選組・安冨歩候補 街頭演説(銀座博品館前) - みんなが知るべき情報/今日の物語


自衛隊員に多数の死者、したがって徴兵制度になる!集団的自衛権認めると…そもそも総研/元防衛官僚・小池清彦…加茂市長…!自衛隊員が祖国防衛、専主防衛でないのに、命をかけられるのか…自衛隊に入る人が少なくなり、したがって徴兵制度になる



若者が犠牲!防衛省、自衛隊入隊前提に奨学金【経済的徴兵制】を検討/安倍晋三、戦争ビジネスのために若者を殺そうと、徴兵制は安倍の悲願【我が軍】


日本は地震を偽装した核実験を止めよ!ロシア国防省【目的は地下核実験だった?】311の真実が、ロシア発で暴かれるかもしれない!ロシアの専門家が、日本の地震は核を使った人工地震だとばらしちゃいました! - みんなが知るべき情報/今日の物語



原発再稼働の真の目的は?安倍政権が原発輸出に固執する恐ろしい理由!日本の核武装はもはや空想ではない!


比例は共産党へ!安倍9条改憲の狙いは無制限の武力行使!富裕層に1%課税すれば消費税は増税する必要ない!失うだけの日米貿易交渉!安倍首相、参院選後へひた隠す日本は農産物を大量に買う! - みんなが知るべき情報/今日の物語

日本人はどこまで愚かなのか!小泉進次郎氏に【期待】74・0%!共同通信社緊急世論調査!年金75歳、戦争屋のポチ!父親はレイプ魔の売国元総理【小泉純一郎】これじゃ新聞テレビに洗脳され続けるだけ! - みんなが知るべき情報/今日の物語




【売国奴】小泉進次郎が初入閣!安倍内閣改造/年金75才【社会保障改革宣言】父親譲りの日本破壊!戦争屋CSIS・戦略国際問題研究所【マイケル・グリーン】副理事長のポチ! - みんなが知るべき情報/今日の物語



ジブリ宮崎駿監督【憲法を変えるなどもってのほか】戦争の愚かさと憲法改正反対の意思を【徴兵制をやればいいんだ】というようなことを言う馬鹿が出てくる!そういう人たちには【自分がまず行け】と言いたい!安倍首相は政治家として最低限の知性さえ持ち合わせていない『不戦が大きな力』仕事が続けられた! - みんなが知るべき情報/今日の物語


忌野清志郎と安倍晋三【日本国憲法第9条】平和と戦争。国民をバカにして戦争にかり立てる!!


忌野清志郎/戦争は嫌だせベイビー!安倍政権に告ぐ…軍隊を持ったら戦いたくなる!銃を持ったら撃ちたくなる!核を持ったら核爆弾を作りたくなる!

忌野清志郎、政治に無関心でいいなんて言っていると…君の息子なんかが/戦争に行っちゃう/わけよ…

『クリント・イーストウッド監督』
戦争を美しく語る者を信用するな!
彼らは決まって
戦場にいなかった者なのだから
ずっと前から、そして今も
人々は政治家のために殺されている。
- みんなが知るべき情報/今日の物語




サウジの石油施設を守れなかった【米国製防空システム 】は日本も導入している!52基のPAC-3とイージス駆逐艦3基でも!無人機ドローン18機、7機の巡航ミサイルで攻撃された!安倍日本が大量に買おうとしている高額戦闘機F-35も欠陥品!日本の防空システムも機能しないことの証明! - みんなが知るべき情報/今日の物語



いまだに安倍自民党を支持する国民はもはや犯罪的!消費増税後、サラリーマン給与が減る!安倍政権と財務省エリート官僚は今や、一般国民の敵と言って良い!全国民必読の記事、元国税庁の大村氏のネット投稿記事です!BY新ベンチャー革命- みんなが知るべき情報/今日の物語


検診で癌にされ癌治療で殺される【定期的ながん検診を】ACジャパンCM【恐怖の洗脳】日本人の2人に1人が検診で癌にされ 【日本対がん協会】集団検診被曝!癌は【卵】などの食事術で完治するくらいの病! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します