東京五輪マラソン、札幌に!誰が莫大な追加資金を出すのか!守銭奴IOCバッカ会長か、森ジィジィか!札幌市民の血税か!所詮一部の連中の金儲け!酷暑対策の300億円以上の血税が無駄に!北海道出身・橋本五輪相も金儲けに追参加!札幌市民よ貧乏になるよ!異常気象の日本、その日、夏の札幌が猛暑でない保証はない!オリンピックなんかやめちまえ、IOC解体、各競技団体は独自にワールドカップをやればいい!

東京五輪マラソン、札幌に!誰が莫大な追加資金を出すのか!守銭奴IOCバッカ会長か、森ジィジィか!札幌市民の血税か!所詮一部の連中の金儲け!酷暑対策の300億円以上の血税が無駄に!北海道出身・橋本五輪相も金儲けに追参加!札幌市民よ貧乏になるよ!異常気象の日本、その日、夏の札幌が猛暑でない保証はない!オリンピックなんかやめちまえ、IOC解体、各競技団体は独自にワールドカップをやればいい!



東京五輪 マラソン・競歩「札幌での実施を検討」IOC発表 | NHKニュース

東京五輪 マラソン・競歩「札幌での実施を検討」IOC発表

2019年10月16日 21時14分2020東京

東京オリンピックのマラソンと競歩について、IOC=国際オリンピック委員会は16日、猛暑の対策として会場を札幌に移すことを検討していると発表しました。

来年の東京オリンピックでは、猛暑の対策が大きな課題でなかでも屋外で長時間、競技が続くマラソンと競歩は大会の組織委員会が開始時間を招致段階の計画から前倒しするなど、さまざまな対策を検討してきました。

これについてIOCは、16日、マラソンと競歩の会場を札幌に移すことを検討していると発表しました。

理由として、オリンピック期間中の気温が札幌では東京に比べて5度から6度低いことをあげています。

また、今月30日から東京で行われる大会組織委員会と準備状況などを確認する調整委員会で、東京都や国際陸上競技連盟などと具体的な話し合いをすることを明らかにしました。

マラソンと競歩は、今月まで中東カタールのドーハで開かれた世界選手権で、気温が40度を超える日中を避けスタートを午後11時半すぎに設定して行われましたが、女子マラソンでは68人のうち完走したのは40人で、4割を超える選手が途中棄権となるなど、猛暑の中で競技が行われることに選手や関係者から不安の声が上がっていました。

IOCバッハ会長「暑さ深刻な懸念」

IOC=国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長は「会場を札幌に移すという今回の大幅な変更の提案は、われわれが暑さに関して深刻な懸念を示していることを表している。オリンピックは、選手たちの一生に一度のパフォーマンスを出す舞台であり、今回の提案は、選手が最高の結果を出せることを可能にする。実行されることを楽しみにしている」とコメントしています。

国際陸上連盟会長「最高のコース作りに尽力」

国際陸上競技連盟のセバスチャン・コー会長は、「今回の提案についてIOCと大会組織委員会と緊密に連携し検討していく。選手に最高の舞台を提供することは、すべての大規模大会において最も重要なことであり、われわれは大会運営者とともに、マラソンと競歩の最高のコースを作るために尽力する」とコメントしています。

JOC「まずは情報収集」

JOC=日本オリンピック委員会は「IOCの発表は承知している。組織委員会などと引き続き連携し、まずは情報収集に努めたい」とコメントしています。

日本陸連「急な展開で雲をつかむような話だ」

IOC=国際オリンピック委員会が、来年の東京オリンピックのマラソンと競歩の会場を札幌に移すことを検討していることについて、日本陸上競技連盟の風間明事務局長は国際陸上競技連盟などから一切、連絡がないことを明らかにし、「何も聞いていない。急な展開で全く雲をつかむような話だ」と話しています。

札幌陸連「協力したい」

札幌陸上競技協会の志田幸雄会長は「具体的な連絡は何も来ていないが、札幌では北海道マラソンなどを開催してきた実績もある。東京オリンピックという大きな大会の中で陸上の種目が札幌で開催されるのであれば、非常に喜ばしいことであり、全面的に協力したい」と話しています。

札幌市長「大変ありがたい」

札幌市の秋元克広市長は「札幌市としましては大変ありがたいことと捉えたい。アスリートファーストの視点での検討とのことですので、最大限尊重すべきと考えます。まずは、情報収集に努めてまいります」とコメントしています。

マラソン代表内定選手の関係者は…

男子マラソンの代表に内定している服部勇馬選手を指導するトヨタ自動車、陸上長距離部の佐藤敏信監督は「9月の代表選考レース・MGCで、コースや暑さなどをシミュレーションできたのが日本選手の強みだったが、札幌に変わるとなると温度や湿度が違うし、アフリカ勢が有利となると思う。ただ、服部もスピードがないわけではないし、臨機応変に対応するしかない」と話しています。


同じく男子マラソンの代表に内定している中村匠吾選手が所属する富士通陸上競技部の福嶋正監督は「暑い中でやると思っていたので、はっきり言って困惑している。中村選手は暑い中でのレースに強いのが1つの武器だ。北海道でやるのであれば速いペースになることが予想され、取り組み方も変わる。東京でやるのであれば“地の利”がありチャンスがあると思っていた。会場を変えるのであれば早くしてほしかったし、いまさらという感じだ」と驚きを持って受け止めていました。

女子マラソンの代表に内定している前田穂南選手が所属する天満屋女子陸上競技部の武冨豊監督は「何の話も聞いていなかった。東京オリンピックが決まってから、日本陸連として8月に合わせて合宿を行ってくるなど東京でのレースに向けて準備をしてきた。また、9月の代表選考レース、MGCを全力で走って代表になったアドバンテージもある。『えっ』という気持ちと『いまさら』という感じで現場としては困惑している」と戸惑いを隠しませんでした。

同じく女子マラソンの代表に内定している鈴木亜由子選手を指導する日本郵政グループ、女子陸上部の高橋昌彦監督は「もともと暑い時期で大丈夫かと思っていたが、ドーハの世界選手権の厳しい状況を見て、今になって運営側が危機感を感じたのではないか。こちらとしては自分の選手が大丈夫だとしても、ほかの選手がバタバタ倒れるのはスポーツにとっていいとは言えない」と話しました。
そのうえで「9月の代表選考レース・MGCで東京のコースの対策を練り、日本のアドバンテージだと思っていたのでそれがなくなるのは残念だが、暑熱対策など今までやってきたものがむだになるわけではない。鈴木は札幌で行われた北海道マラソンも経験しているので、コースの変更が決まれば、頭を切り替えてやるしかない」と話しました。

マラソン 組織委森会長「われわれがダメだと言えますか?」 | NHKニュース

マラソン 組織委森会長「われわれがダメだと言えますか?」

2019年10月17日 18時29分2020 運営

東京オリンピックの猛暑対策として、マラソンと競歩の会場を札幌に移す案をIOC=国際オリンピック委員会が発表したことについて、大会組織委員会の森会長は、17日夕方、報道陣の取材に応じ「IOCがこれでやりたいと言っている。国際競技団体もいい案だと言っている。われわれがダメだと言えますか?」と述べました。

また「『東京都は同意していない』とIOC側に伝えた。東京都と日本陸上競技連盟の考え方を大事にして組織委員会がまとめないといけない」と述べ、今月30日からのIOCの調整委員会で方向性が出るとの見通しを示しました。

「札幌ドーム発着案を示された」

森会長はIOCで東京大会の責任者を務める調整委員会のコーツ委員長と16日までに電話でやり取りした内容を報道陣に明かしました。

この中で、札幌に移った場合のコースについては、森会長は「札幌はマラソンが行われている経験がありコースが作りやすいとIOCは評価している。札幌ドームをスタートして帰ってくる案でどうかとも話していた」と述べ、IOC側から札幌ドームを発着点にする案を示されたことを明らかにしました。

また、森会長は札幌に移す場合に生じる経費についても触れ、「経費がふくれあがったときにどうするか。IOCが持ってくださいよ、ということも言わないといけない。経費がどれくらいかかるのかこれから精査し、われわれの財政にとってとてつもない額だったら負担はできないよ、とコーツ委員長に伝えた」と述べ、場合によってはIOCに経費の負担を求める姿勢を示しました。

極秘に進んだ五輪マラソン・競歩の札幌開催…北海道出身・橋本五輪相が「前向きだった」 : スポーツ報知

極秘に進んだ五輪マラソン・競歩の札幌開催…北海道出身・橋本五輪相が「前向きだった」

2019年10月18日 6時6分スポーツ報知

 橋本聖子五輪相

 2020年東京五輪のマラソンと競歩は札幌での開催が決定的となり、マラソンの発着点が札幌ドームになることが有力であることが17日、分かった。大会組織委員会の森喜朗会長が明かした。猛暑対策での開催地の変更について、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は「IOC理事会と大会組織委員会は札幌に移すことを決めた」と、2者間では合意に達したとの認識を示した。開幕まで10か月を切る中、異例の方針変更。今後は開催都市の東京都をはじめ札幌市などとの調整を進める。

 札幌開催は大きな驚きを呼んだが、一部関係者の間で極秘裏に進行していた案だった。

 IOCのコーツ調整委員長は16日、「先週には(北海道出身の)橋本聖子五輪相が前向きであることも知った」と、事前調整があったことをにおわせた。また8日には、組織委は五輪チケットの2次抽選販売を突如、延期すると発表。この時点で見直しの検討が進んでいたもようだ。組織委の森喜朗会長は、9日には安倍晋三首相、10日には橋本氏と一緒に札幌市の秋元克広市長と会談。その場でIOCの意向に関して協議があった可能性もあるという。

 札幌市の秋元市長は17日、早速「光栄だ」と歓迎の意向を表明。30年冬季五輪招致を控え「五輪をやっても間違いない都市だということを認識していただく」(秋元氏)チャンスで、窮地のIOCにも恩を売ることにつながる。IOCが五輪改革の一環で開催都市以外での一部競技実施を認めていることも、今回の判断を後押ししたとみられる。




池田清彦「オリンピックで日本は潰れるぞ」大半の国民はオリンピックで騙されて、気づいた時はド貧民ってわけね!国家予算を湯水のように使い、自分たち特権階級がもうかれば、日本は潰れてもかまわないと思っているみたいだ。


日本人はオリンピック以降、不幸になった!!山田洋次監督が語る「寅さん」と「東京五輪」-gooブログ

東京五輪3兆円超えの戦犯【森喜朗】のもうひとつの疑惑!五輪の裏でゼネコン、電通と「神宮外苑再開発」利権!森氏と関係が深い大成建設をはじめとする大手ゼネコンなども名を連ねていた!


東京五輪/大成建設、森喜朗、都議会のドン内田茂の利権が凄い!安倍晋三・麻生太郎・菅義偉が癒着!大成と提携する米戦争屋系企業ベクテル!戦争の復興事業(スクラップ&ビルド)破壊と復興で儲ける企業!ベクテルにやらせないと東京湾で震度7の直下型地震を起こされる危険あり!阪神淡路大地震同様に



東京五輪、なぜ猛暑の真夏に開催するのか?実は米国で視聴率が稼げるからという理由!そんなたった一国の事情で、猛暑の中、アスリートは走らされ、跳ばされ、戦わされる! アメリカにおいて夏場は、他に強力なスポーツ・コンテンツがなく、視聴率が期待できるから…馬鹿げている!



​​​フランス検察【東京五輪】電通パートナー企業を捜査!東京五輪含めスポーツビジネスの汚職にメス!今からでも遅くはない、オリンピックを返上し誘致疑惑の捜査を!byリチャード・コシズミ - みんなが知るべき情報/今日の物語


東京五輪招致で「原発再稼働ナシ」と国際公約している!安倍首相と招致委員会!常に公約破る安倍自民党!


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語

がん特効薬!?タマゴで【がん完治】糖尿病も簡単に完治!卵一日【10個から20個】ガンにならない体・健康向上には3個以上!タマゴは激安スーパーフード!卵アレルギーの人は肉で!生卵、ゆで卵、卵焼、卵料理中心の食事術!認知症、脳卒中、心臓疾患など …細胞をつくり、体を作る!- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します